同時通訳

同時通訳はどのように学ぶ?

CONTENTS

『同時通訳 独学』 最新ツイート

同時通訳は独学でも可能

同時通訳

同時通訳は独学ですることが可能です。
なぜなら現在のインターネットの技術向上等によって昔と比較して可能となりました。
かつてはラジオテレビなどでしか英語に触れる機会が少なかったです。
学ぶのは例えば映画を字幕なしで見るとかそういったことしかできませんでした。
現在では同時通訳を勉強法として英語と日本語訳を出すようなソフトもあり、かつインターネットでは英語で聞くこともでき、動画サイトでも英語に触れる事は可能です。
動画サイトの場合は無料で英語で触れることが出来るので、以前のようにラジオを録音するなどと言う手法をとる必要性がありません。
つまり時間を選ばず英語に触れることができます。
それもほとんど無料で出来るので今の独学できる環境は素晴らしいです。
ただしこの独学にも問題点はあります。
それは自らのモチベーションを維持できるかどうかと言う点です。
継続的に英語に触れない以上はスキルの向上はあり得ません。
なぜなら日本語と英語の構造は基本的に違うからです。
日本語で生活し続けているとやはり英語を完璧に忘れますため、英語に毎日触れることが大切です。
そんな中で一番のオススメなのはワンレッスン低料金で送れるオンライン英会話です。
これはネイティブに近い英語に触れることが出来るので同時通訳のトレーニングには最適です。

同時通訳の需要が増す東京オリンピック

世界最大の国際イベントといえば、いうまでもなくオリンピックです。
注目度といい、経済効果といい、開催国に与えるメリットには計り知れないものがあります。
その大イベントが2020年に東京で開催されるのですから、国民の喜びもひとしおでしょう。
あとは大成功に向かって準備を進めるだけです。
テレビやインターネットなどを通じて世界中にオリンピックの競技中継や情報が配信されていくことになりますが、そこで需要を増すのが同時通訳です。
日本に外国スターやアーティストが来日した際のインタビューは、国内のみの中継ですので、タイムラグを置いて翻訳するノーマルな通訳で十分です。
しかし海外への配信が必要となるオリンピックの場合、選手や要人の発言は中継国の言語に合わせて同時通訳しなくてはなりません。
スポーツの世界はリアルタイムでの速報性こそが命です。
通訳は単なる外国語会話とは違い、専門的な知識も勉強しておかなくてはなりません。
各競技の基礎知識や選手が所属する国々の事情も考慮しなくてはならず、通訳としての力量が相当高くないと採用は難しいでしょう。
オリンピックは選手たちの晴れ舞台だけでなく、通訳に携わる人たちにとっても晴れ舞台であるのです。

同時通訳サイト情報

同時通訳で定評の東京の大手通訳会社

同時通訳を依頼

Copyright(C)2015 gloval skill All Rights Reserved.