同時通訳

同時通訳はどのように学ぶ?

CONTENTS

『同時通訳 海外』 最新ツイート

@aka_orehane_bot

赤ちんオレはね、室ちんがテレビ見てたから一緒に見てみたら海外のニュースを同時通訳してるやつで、聞いてるだけで疲れたんだ…。

1日前 - 2018年08月13日


@aka_orehane_bot

赤ちんオレはね、室ちんがテレビ見てたから一緒に見てみたら海外のニュースを同時通訳してるやつで、聞いてるだけで疲れたんだ…。

2日前 - 2018年08月12日


@broken_fez

松岡修造パンパシ水泳で海外選手にインタビューするときさり気なく同時通訳も自分でこなしてるのすご

2日前 - 2018年08月11日


同時通訳のエージェントのランク分け

同時通訳、という仕事をご存知でしょうか。
実際に体験した、あるいは利用した、というようなことがない人でも、著名人のテレビ中継などで、しゃべっている人の言葉をそのまま別の言葉に翻訳している人のことはイメージが付きやすいのではないでしょうか。
こういった通訳の仕事の中でも、とりわけ同時通訳は高い能力が要求されるため、翻訳者の能力や区分を分ける方法として、人を派遣するエージェントによってランク付けが行われることがあります。
例えばS、A、B、といったランクで分けられる場合、同時通訳の能力を持った翻訳者はAランク以上に分けられるということです。
こういったランク分けは、ビジネスなどで同時通訳の利用が必要になった場合に、その程度の能力の人を用意してもらう必要があるかということを判断するのに非常に役に立ちます。
同時に、エージェントの判断が正しいのかどうかをフィードバックするシステムも必要であり、サービスを提供する側とされる側双方に改善への努力が必要であると言えるでしょう。

海外での同時通訳の仕事

同時通訳のエージェント 海外での同時通訳の仕事は、日本での同時通訳の仕事ほどハードルの高くない仕事があります。
日本だとTOEICで、少なくとも850以上のスコアが必要だったり、通訳や翻訳の資格や仕事経験などがないと、書類選考で落とされて、面接すら受けさせてもらえないのが現状です。
海外、例えば英語圏の同時通訳の仕事は、時に日常会話程度の英語力でも、永住権を持っていれば、仕事をもらえることがあります。 現地人で日本語を流暢に話せる人があまりいないため、競争率はおのずと低くなります。
さらに、長期で雇うとなると永住権を持った日本人を雇うことになるので、さらに仕事が得やすくなります。
日本人の少ない地域だとワーキングホリデーなどの一時的滞在者にもチャンスがまわってくることもあるでしょう。ゼロの状態から経験を積むチャンスです。
同時通訳の経験を海外に求めてみてはいかがでしょう。 少しの経験でも、自信につながり、次の仕事のステップとなることでしょう。

Copyright(C)2015 gloval skill All Rights Reserved.