同時通訳

同時通訳はどのように学ぶ?

CONTENTS

『通訳 検索』 最新ツイート

@anken_translate

英語,フランス語,ドイツ語,スペイン語,ポルトガル語,イタリア語,ロシア語,中国語,韓国語など137言語を対象とした翻訳,通訳派遣,106ヶ国を対象とした外国人アンケート調査や海外調査などに対応出来る翻訳スタッフを随時募集しています。 →詳しくは【翻訳者の案件地帯】で検索!

12時間前 - 2018年06月21日


@siropoosiro

@FRA192317 @PeridotRika82 でも、一人でって凄いよwww チャンミンもステージあげられてやってなかった?あと、根本さん(通訳さん) りったん、チョギワで検索してみて(笑)SMアーティストが踊ってるの出てくるよ!

1日前 - 2018年06月20日


@cairns_au

英語と中国語と日本語が通じる3か国語のタクシーって、あまりないでしょ。 え、フランス語? できないからフランス人の友達に電話して何とかしてもらうよ。 困ったときはフェイスブックの友達をさくっと検索すれば世界各国の通訳が出てくるから。笑

1日前 - 2018年06月20日


同時通訳時における単語検索

同時通訳時における単語検索 同時通訳において最も大切なことは、本来の言葉を正確にかつスピーディに通訳することです。
しかし通訳者も人間ですから、無限のデータを有しているわけではありません。
そのため時として、知らない単語に遭遇することは避けることができません。
そのようなときはどのように対処すればよいでしょうか。
なにより大切なことは、焦らないことです。
落ち着いて考えるなら思い出せるかもしれません。
また単語の形から何かの派生形であることもあります。
もちろん正確であることが何より大切ですから、憶測で通訳することだけは避けるべきです。
状況にもよりますが、そうした場合検索して正確な訳語を見つける必要があります。同時通訳はしばしば交代で行われます。通訳中に検索することは難しいかもしれません。
休み中に検索して正確な意味を調べるようにしましょう。もし本当にわからないのであれば、質問するようにします。知らないことや尋ねること恥ずかしく思う必要はありません。

同時通訳の種類について

通訳には同時通訳、アテンド通訳もしくは随行通訳、ウィスパリング、逐次通訳と言った種類が在り、それぞれ最適な場面にマッチする通訳の種類を選ぶことが大切です。
同時通訳は言葉通り、同時に通訳を行う方法で、話し手による話を聞き取り、他の言語でその内容を話していくと言う方法で、聞き取るための集中力、そしてそれを瞬時に理解して他の言語に置き換えて話をすると言う技術が求められます。
尚、瞬時に理解すると言う事は同時通訳の中でも重要な要素になりますが、話し手が何を喋っているのかを理解することがポイントとなるのですが、専門的な話をする場合には、専門的な知識も同時通訳には必要になるため、通訳者のスキルには専門性も重視される事が在ります。
また、日本語から英語、英語から中国語と言った具合に複数の言語での通訳が必要になる場合には、数名の通訳者がそれぞれの言語を担当して通訳を行うと言った方法や、リレー通訳と言う方法で順番に通訳をしていく方法も在ります。

Copyright(C)2015 gloval skill All Rights Reserved.